ウーマン

不妊の悩みは水素水を飲んで解消しよう|妊活サポーター

ステップアップの流れ

診察

不妊治療にはさまざまな方法がありますが、まずはタイミング法から始めるのが一般的です。タイミング法でも妊娠ができなかった場合は、人工授精や体外受精などの高度な医療技術を活用して治療していきます。京都で不妊治療を行なうときは、ファーストステップとしてタイミング法を行ないます。タイミング法とは、受精しやすい排卵日のタイミングを狙って性行為を行なうというものです。セカンドステップとしては、精子を直接子宮や卵管の中に送り込む人工授精を行ないます。サードステップは、卵子のすぐそばに精子を持ってくる体外受精を行ないます。サードステップでも妊娠できない場合は、顕微授精を行なうような流れになります。このようなステップアップの特徴は、精子と卵子の距離が近くなるということです。タイミング法の場合、精子や卵管膨大部までの14センチの距離を自力で泳いできます。それに対して体外受精は、卵子のそばに精子があるので、距離はほとんど0センチになるのです。

京都で不妊治療を受けたい場合は、専門クリニックや産婦人科、総合病院などを利用すると良いでしょう。専門クリニックなら、高度治療を受けることができますし、不妊治療だけを受ける施設なので周りの目が気にならないというメリットがあります。京都の婦人科は、高度な治療を受けることは難しいのですが、施設数が多いので通いやすいというメリットがあります。総合病院は、医療設備が充実している施設ですが、待ち時間が長かったり担当医の変更が多かったりするので注意したほうが良いです。不妊治療を受けられる京都の病院はさまざまありますが、それぞれ特徴は異なるので把握しておくと安心です。