ウーマン

不妊の悩みは水素水を飲んで解消しよう|妊活サポーター

病気発症のリスクを予防

サプリを飲むレディ

妊娠中や妊活中に必要になるのが、葉酸です。なぜ葉酸が必要になるかというと、胎児や胎盤を作っていくときには、葉酸の摂取量は通常の2倍にもなるからです。そのため、妊娠中や妊活中は不足しないように、葉酸を積極的に摂取したほうが良いのです。しかし葉酸は、熱に弱いという特徴があるので、調理との相性が良くないです。また、食事から摂取したとしても、30%~50%程度しか吸収しないので不足しがちになってしまうのです。そこで活用できるのが葉酸サプリです。葉酸サプリを活用すれば、大量の納豆やほうれん草などを食べなくても、しっかり葉酸を摂取することができます。葉酸が不足してしまうと、生まれてくる赤ちゃんが神経管閉鎖障害を発症するリスクが高くなってしまうので気をつけたほうが良いです。葉酸を摂取することで、そのリスクを下げると厚生労働省も通知を出しています。

葉酸サプリは、妊娠中だけではなく、妊娠前から摂取したほうが良いです。その理由は、赤ちゃんが神経管閉鎖障害になるのは、妊娠4週~6週の間に作られる器官の異常が原因になるからです。妊娠4週~6週という期間は、自分で妊娠しているかどうか気づきにくい部分なので、葉酸の摂取が遅れる可能性が高くなってしまいます。そのため妊活中や妊娠前には、葉酸サプリを飲んでおくと安心できます。また、葉酸サプリは子宮内膜の強化、着色率の向上効果などもあるのでメリットが多いです。妊娠の可能性がある女性に必要な葉酸の量は、1日400マイクログラムと設定されています。ですから葉酸サプリを選ぶときは、1日400マイクグラムを摂取できるような商品を選ぶことが大切です。